砂利と雑草

砂利を敷き詰めることには、どんなメリットがあるのでしょうか。砂利を敷き詰めることに意味はあるのでしょうか?
その最もたるものが、雑草対策です。雑草は、どこからとも無く種子が飛んできたりして、いつの間にかお庭を覆い
尽くすような勢いで成長していきます。
放っておくと虫の発生源になったり、景観を損ねるので草取りをされると思いますが、屈んだまま広い範囲を草取りするのは
大変なことです。
そこで、庭全体を砂利敷にすることで、砂利により雑草の種が飛んできても、直接地面まで根をはることが出来ず、簡単に引き抜く
事ができます。

砂利と防犯対策

砂利を踏むと、石同士がこすれあって音がします。普通の地面であれば、抜き足差し足で歩けば音はほとんどしませんが、砂利が
しいてあるとそうもいきません。
これがどういうメリットが有るかというと、空き巣対策になるのです。
空き巣は、室内に誰かがいるかどうかは当然として、周囲から自分が見られていないかを気にします。
庭などに砂利を敷き詰めておくと、物音がするので周囲の人に自分の存在を知らせてしまう可能性があるので、砂利が敷いてある庭は空き巣が避けると言われています。
この効果を更に推し進めたのが防犯砂利というもので、特別に作られた物は音が普通の砂利よりも大きく、有用だと言われています

Written by admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>