家の周辺をオシャレに整えつつも、防犯性を高める。
こんなうれしい二重効果を狙えるのが防犯砂利です。防犯砂利とは、人がその上を歩くとジャリジャリという大きな音をさせて泥棒が敷地内へ進入するのを防ぐ効果のある砂利のことをいいます。防犯砂利は普通の玉砂利などに比べて一粒一粒の砂利が大きいので、人が歩いた摩擦や擦れでなる音が通常の玉砂利などに比べて大きいのです。具体的に言うと防犯砂利を踏むと平均で76.5デシベルの音がなります。76.5デシベルとはどれくらいの音量かわかりますか?
飛行機のエンジン音がだいたい120デシベル、電車が通る時のガード下の音が100デシベル、犬の鳴き声や
ピアノの音が80-90デシベル、電話のベルや掃除機の音などが70デシベルです。とすると電話や掃除機の音以上の音が防犯砂利を踏むことにより鳴るということです。これは想像していたよりも大きな音といえるのではないでしょうか。防犯砂利をより効果的に響かせるための敷き方もあります。それは、防草シートを敷いた上に防犯砂利の
厚さが3-4センチ程度になるように敷き詰める方法です。このようにすることで防犯砂利の間から雑草がどんどん生えてきて、その上を歩く人の足音を消してしまうという事態を防げるからです。また、3-4センチの厚みになるように整えるのは、砂利が歩くたびにどんどん端へ寄せられ防草シートがむき出しになってしまうということを防ぐためです。ぜひ一度ご自宅でも試されてみてはいかがでしょうか。

Written by admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>